MENU
web予約はこちら

ブログ

Blog

☆R6年1月の休診日のおしらせ☆

R6年1月の休診日のお知らせです。ご確認くださいませ。 1日(祝・月)元旦 2日(火) 3日(水) 7日(日) 8日(祝・月) 14日(日) 18日(木) 21日(日) 25日(木) 27日(土)午後休診 28日(日)

続きを読む

  • 2023.11.27
  • 未分類

痛みを軽減する治療のご紹介

より安心して治療を受けていただくために

痛みに配慮した治療を心掛けています。

 

こんな お悩みありませんか?

◦ 歯医者は以前に怖い思いをしたからなぁ

◦ 子どもの頃の痛い思いが忘れられない

◦ 歯科恐怖症だけど治療できるかな?

◦ キーンという あの音が嫌い!

◦ 歯石とりは痛くないといいな

◦ 歯医者の麻酔の注射が怖いんだよなぁ

 

多くの方がほとんどの歯科医院に対してこのような固定観念を抱いていることでしょう。

ですが、痛いのは イヤですよね?

当院では「痛い」というイメージを払拭すべく、最先端の医療機器と技術、そして患者様一人ひとりへの

きちんとした誠意と思いやりを持って痛みを抑えた治療を実現させています。

 

歯科治療で何が嫌かというアンケートでは、まず注射が怖いと言われます。

他では、虫歯治療が痛いから怖いと…虫歯治療で子供が歯科麻酔注射を怖がるのはもちろんのこと、

大人でも麻酔自体が怖いもので、歯科検診に来ることさえも勇気がいると聞きます。

そのため当院に治療に来られるときは、なるべくリラックスして安心して来ていただきたいです。

院長をはじめ、スタッフ全員が、患者様と信頼関係を築くことを心掛けるとともに、麻酔から施術まで、

常に痛みの少ない治療を心掛けています。

一生付き合っていくことになる口腔内のお悩みを減らすためにも、まずは痛くない治療を提供したいと

考えています。

 

①表面麻酔 ハリケインゲル

針を刺すときの痛みを緩和するために、患部の歯茎の表面に「表面麻酔剤」(ハリケインゲル)を

塗り麻痺させます。

②注射針

太ければ太いほど、麻酔時に伴う痛みも強くなります。

粘膜への刺激を少しでも和らげるため、(16mm)31Gショートを採用しています。

③当院では2回に分けて、麻酔注射をします。

1回目には、痛みが感じにくい場所に打ち少し待ちます。

すると その周囲までぼんやりと効いてきます。2回目には、しっかりと効かせたい部位に

打ちます。この手間を掛けることにより、無痛麻酔を行うことができ、あまり痛みを感じさせずに、

痺れさせることが可能となってきます。

 

治療後の痛みを軽減する【レーザー治療器】

当院では、歯科医療の場合に応じて「炭酸ガスレーザー治療器」を使用しています。

歯肉が腫れたり、膿んだりと炎症を起こした場合には、レーザーにより炎症や痛みを

軽減することもあります。

他にも、抜歯してからも腫れや痛みが治まらない場合、インプラントなどのOPE後や

根の治療の後などに出る痛みを抑えるために使用するので、炎症を早めに抑えることができたりします。

 

 

痛みを軽減する治療のご紹介

より安心して治療を受けていただくために 痛みに配慮した治療を心掛けています。   こんな お悩みありませんか? ◦ 歯医者は以前に怖い思いをしたからなぁ ◦ 子どもの頃の痛い思いが忘れられない ◦ 歯科恐怖症だ…

続きを読む

R5.12月の休診日のおしらせ

こんにちは♪みち歯科12月の休診日のお知らせです。 12/3(日) 12/7(木) 12/10(日) 12/14(木) 12/17(日) 12/21(木) 12/24(日) 12/29(金)午後休診 12/30(土) 1…

続きを読む

☆11月休診日のお知らせです☆

11月休診日のお知らせです。ご確認くださいませ。 3日(金・祝) 4日(土) 5日(日) 9日(木) 12日(日) 19日(日) 23日(木・祝)餅まきをします! 26日(日) 29日(水)午後休診 30日(木)

続きを読む

10月休診日のお知らせです☆

10月休診日は以下の通りでございます☆ご確認くださいませ。 10月1日(日) 10月5日(木) 10月8日(日) 10月9日(祝・月) 10月15日(日) 10月19日(木) 10月22日(日) 10月28日(土) 10…

続きを読む

  • 2023.08.01
  • 未分類

保険の白い差し歯と自費のセラミックの違いとは

保険適応でも金属をまったく使用しない白い差し歯が入れられるようになったというお話を聞いたことがありますか?
今まで保険で前歯を差し歯にする場合は、金属に前側だけプラスチックを貼り付けた「前装冠(ぜんそうかん)」という被せ物しか使えず、奥歯には銀歯のメタルクラウンしか認められていませんでした。
しかし最近では、前歯にも奥歯にも入れられる白い差し歯「CAD/CAM冠(キャドキャムかん)」が、条件付きで保険でも使えるようになっています。


保険が効くなら自費のセラミックよりそちらのほうが良いと思ってる方もいらっしゃるかと思いますが、こちらをお読みいただければ考えがかわるでしょう。


これから、保険の白い差し歯と、自費の白い差し歯(オールセラミック・ジルコニアなど)の違いをご紹介いたします。
「もう自費で白い歯を入れる必要はなくなったの?」「自費のセラミッククラウンとはどんな違いがあるの?」といった疑問にお答えいたします。

今までの保険の治療とは

患者様から「保険適用でセラミックを入れられないの?」とご質問をいただく機会は少なくありません。
今までの保険では、銀歯か、金属とプラスチックを合わせた前装冠という被せ物しか選べず、費用面の問題で白い差し歯を諦めていた方もたくさんいらっしゃったことかと思います。

保険適用の移り変わり

20224月(令和4年度)の診療報酬改定によって、保険の治療に「CAD/CAMインレー」が導入されることが決定しました。

被せ物(差し歯)の「CAD/CAM冠」は、201712月に奥歯への使用が導入され、20209月からはさらに治療可能な範囲を前歯部にまで拡大していきました。

素材の選択肢が増え、保険でも白い見た目の差し歯(冠・クラウン)や詰め物(インレー)が入れられることにお喜びの方も多いかと思います。

保険適用の白い歯CAD/CAMとは

まずCAD (キャド・Computer Aided Design)がコンピュータを使用して設計を行うシステムのことを言います。コンピュータソフトを使って詰め物や差し歯を設計すると、形や噛み合わせの高さなどが自動で設計され、適合性の高い補綴物の制作ができます。

しかし現時点ではまだ粘土のような印象材を使って型を採る必要があり、型採りまではコンピュータを使った撮影のみで済ませることはできません。

CAM(キャム・Computer Aided Manufacture)とは、「コンピュータ支援による製造」を意味し、CADで作成したデータや図面をもとに製品や部品を制作・加工することをいいます。

つまり歯科技工物におけるCAD/CAMとは、コンピュータや機械を使って詰め物(インレー)や被せ物(差し歯・クラウン)を設計・制作をする技術のことです。
自費の技工物が技工士の手によって一つずつ手作業で制作されるのに対し、設計から作成までを機械で行うため、安価な保険の治療でも使用できるのです。

そしてCAD/CAMインレー・CAD/CAM冠に使われる素材はセラミックではなく、プラスチックに少量のセラミックを混ぜたハイブリッドレジンという素材です。
ハイブリッドレジンとセラミックは全く異なる素材です。

自費のセラミッククラウンとのちがい

CAD/CAM冠のメリット

保険適用なので安価

今までは裏側まですべて白い差し歯を入れたい場合は、自費のオールセラミックなどの治療を受けるしかありませんでしたが、CAD/CAM冠が保険適用になったことで安価な治療費で白い差し歯を入れられるようになりました。手軽に白い差し歯を入れたいという方には向いているでしょう。

銀歯に比べると見た目が美しい

CAD/CAM冠は白い色のハイブリッドレジン(プラスチックに少しセラミックが混ざった素材)でできているため、銀歯のように目立たず、お口を開けてもよく見なければ天然歯と区別がつきにくいでしょう。

金属アレルギーに対応可能

これまでの保険の差し歯は、すべて金属のメタルクラウンか、金属に外側だけ白いプラスチックを貼り付けた前装冠しかありませんでした。CAD/CAM冠は金属を使用しないため、金属アレルギーの方に適していると言えます。

対合歯にやさしい

硬い素材の差し歯は対合歯(噛み合わせたときの反対の歯)に少なからずダメージを与えてしまうのに対し、CAD/CAM冠の素材は天然の歯の硬さに近いと言われています。
差し歯によって対合歯が割れてしまわないか不安という方におすすめです。

CAD/CAM冠のデメリット

すべての歯科医院が対応しているわけではない

CAD/CAM冠を治療として取り入れる際には、歯科医院が厚生労働局への申請をする必要があります。届け出をしていない歯科医院では、患者様にCAD/CAM冠を提供することはできません。

保険適用の条件がある

すべての歯に無条件で保険適用となるわけではありません。小臼歯(糸切り歯・犬歯の一つ奥の歯と、その隣の小さい奥歯)の2本がまず保険適応となります。第一臼歯(前歯から数えて6番目の歯)は条件付きで適応となりますが、その条件は「第二臼歯(前歯から数えて7番目の歯)が4本ともすべて残っていること」です。第二臼歯を1本でも失ってしまった方は、第一臼歯にCAD/CAM冠を保険で入れることはできません。
さらに、第二臼歯にCAD/CAM冠を入れる際にも条件があります。それは「金属アレルギーであること」です。金属アレルギーと医師に診断された人でなければ、第二臼歯にCAD/CAM冠を入れることはできません。

摩耗や破損が起こりやすい

CAD/CAM冠は柔らかい素材であるため、対合歯に優しいというメリットもありますが、その分使っているとどうしても擦り減りやすく、破損も起こりやすくなります。
噛む力がとても強い方や、激しく歯ぎしりをしてしまう方などには向いていない場合があります。

汚れが付きやすい

陶器とプラスチックのお皿を比べるとわかりやすいかもしれません。固く艶のある陶器に比べ、プラスチックは色移りしやすく、傷も付きやすいですよね。細かい傷がたくさんついたプラスチックはツヤをなくし、その傷の部分に汚れが溜まって汚い見た目になっていきます。
プラスチックはCAD/CAM冠、陶器はオールセラミッククラウンで同じことがいえます。
最初は白く、艶があるCAD/CAM冠ですが、月日が経つに連れて美しさは劣化してしまいます。
また、見た目の汚れだけでなく、虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢や歯石)も付着しやすくなります。食後は必ずしっかりと歯磨きをできる方でなければ、虫歯や歯槽膿漏に罹ってしまう可能性があります。

 

1 2 3 4

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ